IT業界の動向まとめ

ITに関する速報や海外ネタ、最新技術などを取り上げます

ITエンジニア向け転職サイト4選

今の職場に満足していますか?やりがいや給料、待遇はあなたの実力に見合っていますか?

検索からこのページに訪れた人は、きっと満足していないことでしょう。「自分の力を発揮できない...。転職しなくては!」と感じているとしたら、どうやって転職活動を始めたらいいのでしょうか?

この記事では、技術はあるものの動き出し方がわからないという方のためにおすすめの転職サイトをご紹介し、またアピールの手段としてGithubというウェブサービスについて簡単に説明します。

この記事でご紹介するサイトは以下の4つのサイトです。

Wantedly

Wantedlyは「共感」で仲間とつながり、「はたらく」を面白くするサービスです。 運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります。

まずは気軽にオフィス訪問などをして雰囲気を知りたい...という場合には最適なサービスです。

Paiza

paiza(パイザ)は自分のプログラミング力が他社で通用するか“こっそり”腕試しができる、IT/WEBエンジニアのための転職サービスです。

問題を解いて、そのコードで判断されるランクをもとに書類選考なしで面接へ進めるサービス。インタビュー記事などを読むと、希望が湧いてきますね。

CodeIQ

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

リクルートが運営するスキル評価サービス。

Forkwell

Forkwell Jobsは技術が好きなITエンジニアのための求人・転職サイトです。

同社が運営している、ポートフォリオを作れるサービスがあるので、そちらと合わせて使うと良さそうです。

実力を見せるためのGithub

さて、素晴らしい転職サイトがいろいろあるわけですが、よく理解しておかないといけない事実があります。それは、自分のスキルをしっかり証明しないと、ベストな転職は難しい ということです。「入社してから頑張る」という姿勢ではいけません。ITエンジニアとしては当たり前のことですが、しかし自分のスキルをしっかりと伝えることは、とても難しいことです。たとえ実力があったとしても、それを口頭だけで伝えられるかといえば、ほぼ不可能でしょう。

では、どうしたらいいのでしょうか。その答えの1つとなるのが、Githubです。 Githubについては別途書きましたので、以下の記事を参照ください。

まとめ

良いキャリアというのは人それぞれだとは思いますが、ITエンジニアとして働くのであれば、向上心を持ち素晴らしいプロダクトを作っていきたいですよね。そのためには待っていてはだめです。スキルを習得し、それを適したところへアピールしていきましょう。

この記事で挙げた4つのサイト、そしてGithubをうまく使って、自分の望むキャリアを築いていきましょう。これに関しては、私も他人事ではないので頑張ります。

参考

更新情報

本サイトの更新情報はTwitterで告知しております。